目次

車の陸送と輸送の違いは?

遠方への引越しや転勤が決まった際に車を運ぶ必要があります。

他にも、ネットオークションでの自動車の売買でも車を運びたいこともあると思います。

しかし、車を運ぶと言っても大きく分けて、陸送と輸送という方法があります。

陸送と輸送の違いってなに?って思いますよね。

今回のこの記事では、陸送と輸送の違いについて、陸送と輸送のメリット・デメリットを比較していきます。

 

陸送とは?

陸送とは、自走(運ぶ車に乗車して運転して運ぶ)やキャリアカーなどの専用の車両を使い、陸地の上だけで運ぶことを言います。

ちなみに、陸送は陸送は自動車だけでなく、バイク、小型トラックにも対応しています。

よく使われるケースとしては、車購入時の運搬手段としてあります。他には、事故車や車検切れといった車も陸送するケースがあります。

改造車やローダウンしている車は注意が必要です。場合によっては運べないこともあるので陸送を依頼するときは一言伝えておきましょう。

料金は、もちろん移動エリアによって異なります。

目安の相場としては、近隣の都道府県の距離であれば1万〜3万円程度、遠方で都道府県をいくつもまたぐのであれば3万〜10万円程度、が目安となります。

繁忙期や車のサイズによっても異なるので正確な金額は見積もり相談をするのが良いでしょう。

 

輸送とは?

輸送とは、陸送とは異なり、船を使ったり(航送)、飛行機を使って運ぶといった方法と陸送を合わせて運ぶことを輸送と言います。

な離島に車を運びたい時や、海外へと車を運びたい時などは、自然と車を運ぶ手段は輸送しかありません。

 

陸送を使うメリット・デメリットとは?

陸送のメリットは、前述した通り陸地の上を自走やキャリアカーを使って運びます。

引き取り先から車を引き上げて、納車先までそのまま運ぶことが多いので納車までの期間が短くなります。

また、中継地点を経由しないため盗難や車上荒らしといった被害にあう確率も低くなります。

デメリットとしては、輸送と比べるとコスト高で割高になることが多いようです。

理由としては、一回で運べる台数が限られているためです。

人件費、高速代、燃料代といった経費が多くかかってしまうことが多い為です。

 

輸送を使うメリット・デメリットは?

輸送のメリットとしては、コスト面が安く抑えられることです。

大型の船などで一気に運んでしまうので、コストだけで見ると陸送の70%程度で抑えられることもあるようです。

また、沖縄や離島などは船や飛行機を使わなければ物理的に運ぶことができません。そういった状況を解決することも可能です。

一方の輸送のデメリットとして、納車までの日数が長いことです。

定期的にしか出航しない大型船などを使って輸送する場合、陸送と比べて2〜3日程度の日数が掛かってしまいます。

また、港などで駐車している間にいたずらをされたり、盗難にあってしまうというリスクも上昇してしまいます。

 

まとめ

車の移動を考える時に、陸送の場合だと、金額的には割高になる可能性はありますが時間的に早く済むことがあります。急ぎや緊急の場合は、陸送を選ぶ方がいいでしょう。

輸送の場合だと、金額的に安くできる可能性があります。欠点は時間がかかる可能性があること。急ぎでない場合は輸送を選ぶ方が賢明かもしれません。

離島や海外への移動の場合は必然的に輸送となります。

また、価格だけで判断するのは危険です。格安を売り文句にしていたとしても、保険や保証についてもしっかりと確認しておく必要があります。

なぜなら、いたずらや事故にあった場合に保証がつかないケースがあります。

ご自身の愛車を移動する時は、いまある状況や環境を考慮した上で、用途に合わせた使い方をするのがベストでしょう。

車陸送.com 編集部

陸送の簡単お見積もりはこちらから
お客様について お車について
お名前必須 メーカー
電話番号必須 車種
メールアドレス 自走可否
引取先都道府県
納車先都道府県
廃車買取査定無料のハイシャル

車陸送.comなら、格安で手続きも簡単、追加料金がかかることもなく安心です。

車陸送.comはお車の陸送を全国で承っております。輸送費用、サポート体制なども業界随一、お電話の受付は年中無休で対応中!! 一般的な普通自動車、軽自動車からトラックなども承っております。お客様から車の状態をお聞きし、最適な輸送経路でお運びしております。 法人様や個人様にも多数ご利用いただいており、事務所移転・お引越し・オークション売買・車両納品の際にはぜひ車陸送.comを宜しくお願い致します。

このボタンを押してお電話ください