お引越しやインターネットで中古車売買をした場合などに、車を長距離移動させないといけない場合があります。そのような際、移動させる該当車が既に乗り慣れたマイカーで、あなたが長距離運転にも自信があり時間もあるというのであれば、遠方の都道府県までマイカーに乗って旅をするというのもよいでしょう。しかしながら、中古車売買であったり、現実的に車に乗って移動する距離ではない場所への運転は無理だと思うような場合は、車を輸送するサービスを利用する必要が出てきます。

このような、車の陸路を使って輸送するサービスのことを「陸送」といいます。ここでは、陸送サービスを利用する際に知っておくべき注意点についてご説明しましょう。

目次

陸送費について

陸送とは車両を陸上経由で輸送することをいいます。具体的には、たとえば、納車のために車両を指定場所まで運んだり、事故や故障車両などの「不動車」を特殊車両で輸送したりすることです。

 

方法は、該当する車を業者自らが運転する「自走」と専用車両に積み込んで運ぶ「輸送」の2つがあります。陸送費とは、こういった事態に発生する費用の事で、あくまで、車両を陸上経由で運搬する費用という名目のため、近隣で陸送を頼んだとしても費用が発生する場合があります。

 

一般的に、費用は距離によって決められますが、特殊車両や、車種、車高などで料金が変動することもあります。そのため、陸送費用の見積もりができたら、内訳が明確であるかチェックをし、無駄な出費が生じていないか、不明瞭な内容のものがないかを確認するとよいでしょう。

遠方から取り寄せとなった車は「取り寄せ費」として請求される

通常、車の購入には車体費用とその他諸々の諸経費がかかりますが、近くの販売店で購入した場合でも、実際の車両を遠方から取り寄せる場合、更に上乗せした費用が発生します。

 

この中で特に大きな負担となるのが、車両の登録が終わっていない車を購入者まで運ぶ「陸送費」や、購入した車を輸送用のトラックや航空機などで購入者まで届ける「輸送費」です。通常「陸送費」とは、ユーザーの依頼によりオークションや同業者から車を取り寄せた費用であって、登録のための運送代は「登録費用」に含むか、「遠隔地登録費用」名目になります。納車費用に含まれる場合もありますが、別途陸送費として請求されることもありますので、見積り時に確認しておきましょう。

同じ都道府県の中での陸送の場合は、1~2日かかる

陸送を頼む際に気になることのひとつに、どれくらいの日数がかかるのかということがあげられます。一般的に、同じ都道府県内での陸送であれば、1~2日で届けてもらうことが可能です。一方、遠方の陸送であれば4~5日、長ければ1週間程度かかることもあります。

 

どうしてもお急ぎの場合は、融通の利く自走スタイルの陸送を探したり、積載車をチャーターしてもらったりすることで、かかる日数を短縮することは可能です。複数の陸送業者に相談してみて、最も早く対応してくれるところに依頼することをおすすめします。

車の陸送で知っておきたいポイント

基本的に、陸送にかかる費用は、距離に比例して高くなります。さらに、車高の高い車や大きな車、お届け日に指定がある場合などは追加料金が発生します。陸送を依頼する際には、きちんと見積もりを取り、費用の内訳を確認し、無駄な出費や使途不明な料金が加算されていないかを確認しましょう。

なお、陸送にかかる日数はも業者によって異なります。スピード重視で陸送業者を頼むというのも選択肢のひとつですので、あなたのご希望に沿える陸送業者を探してください。

陸送の簡単お見積もりはこちらから
お客様について お車について
お名前必須 メーカー
電話番号必須 車種
メールアドレス 自走可否
引取先都道府県
納車先都道府県
廃車買取査定無料のハイシャル

車陸送.comなら、格安で手続きも簡単、追加料金がかかることもなく安心です。

車陸送.comはお車の陸送を全国で承っております。輸送費用、サポート体制なども業界随一、お電話の受付は年中無休で対応中!! 一般的な普通自動車、軽自動車からトラックなども承っております。お客様から車の状態をお聞きし、最適な輸送経路でお運びしております。 法人様や個人様にも多数ご利用いただいており、事務所移転・お引越し・オークション売買・車両納品の際にはぜひ車陸送.comを宜しくお願い致します。

このボタンを押してお電話ください