車陸送をする際には、どのような手順が必要なのでしょうか。車陸送は、さほど高い頻度で発生する案件ではありませんので、今回が初めてだという方も少なくありません。そのため、ここで車陸送をするときから実際に輸送するところまでの手順をご説明しますので、参考にしてください。よく考えて陸送業者を選ぶことで、より安くよりよい陸送業者にたどり着つくことができます。

目次

2社に具体的な車の陸送についての見積もりを依頼する

陸送を依頼する場合の見積もりをとる場合の注意点にはどういったことがあるのでしょうか。車の陸送会社を決めるうえでの見積もりについて考えてみましょう。

 

車を扱う業者は別として、普通の人は車の陸送には慣れていません。もし車を陸送する場合は、その流れを理解し陸送会社に依頼する必要があります。

 

車の陸送を依頼する時は、まず具体的な車の陸送について見積もりをとることから始めなければなりません。ポイントは、大手の陸送会社と中小の陸送会社の2社から見積もりをとるということです。大手の陸送会社は長距離の陸送を数多く行っているので、距離が延びれば陸送費は安くなります。一方、中小の陸送会社というのは地域密着型の陸送会社で、地元を中心とする近距離の陸送を得意としています。近距離での陸送であれば陸送費も安くなります。取得した2社からの見積もりを比較し、安い方の陸送会社に依頼するという考えで問題ありません。

車陸送の見積もり後の流れは

引っ越しや車購入の際には陸送してもらうことが必要になります。依頼先は引っ越し業者や車のディーラー、陸送専門の会社など様々ですが、どのような流れで陸送が手配できるのか、ご存知ですか?日常生活において陸送依頼をする機会は少ないので、トラブルにならないためにも、ポイントをしっかりチェックしておきましょう。

 

見積り後の流れは、概ね下記の五つの過程に絞ることができます。

 

まず、陸送会社に依頼します。依頼する陸送会社が決まったら正式に連絡をします。その際、車両のコンディション等もきちんと伝えるようにしましょう。自走の可否で車両の引き取り方法が変わる場合があります。

 

次に、陸送費用の支払いをします。陸送会社の多くは前払い制です。車両の引き取りは通常入金確認後となる為、支払いから2~3営業日はかかると想定しておきましょう。急ぐ場合は事前相談をおすすめします。

 

次に、車両の引き取りとなります。陸送会社のドライバーにより、車両は自走、若しくは積載車で運ぶ事になります。なお、バッテリー上がりの車両は自走できないので注意しましょう。また、万が一輸送中に車両に不具合が生じた場合でもきちんと保証してもらうためにも、車両点検はしっかり行いましょう。

 

いよいよ目的地まで陸送します。陸送の日数は、陸送会社にもよりますが、近隣県等で1~2日、遠方の場合は4~5日かかります。詳しくは陸送費用と共に陸送日数が調べられるサイトもあるので、参考にするとよいでしょう。

 

最後に、納車指定日に陸送会社から納車されます。納車の際のポイントは、車両の引き取り時と同じく車両点検です。輸送の際に傷など不具合が生じていないか、陸送会社のドライバーと共にしっかりと確認しましょう。通常、納車後に判明した傷等については保証してもらえません。

 

以上、簡単に陸送の見積り後の流れを確認してきましたが、依頼から数えると陸送には日数がかかるため、依頼する際は、日数に余裕を持って行うこと、また、トラブル回避の為に車両点検を確実に行いましょう。

陸送会社のドライバーが車を指定場所まで持って行く

車の陸送を頼む場合、国道などでよく見かける積載車で運ばれるのはよく知られています。では車は納車日になるとどのようにして依頼者の元に届けられるのでしょうか。今度は車視点で一連の流れをおさらいしてみましょう。

 

車の陸送を頼む場合、見積もり、陸送会社の決定、陸送費の振り込みを経て実際の陸送作業に入ります。そして車の引き取り、目的地までの陸送という段階に移ります。

 

車はいったん営業所に搬入され、大型の積載車で陸送されます。積載車に載せられた車は、目的地に近い営業所で降ろされ、納車日までそこで保管されます。さて納車日になると、近い距離ならドライバーが自走で運ぶことがあります。しかし国道沿いなどを大型のキャリアカーで運ぶのがほとんどです。

 

陸送を依頼してから納車されるまでに要する日数は、距離にもよりますが目安として一週間前後です。この所要日数は大手の陸送会社であろうと中小の陸送会社であろうと差はありません。それを考えると見積もりで安価な陸送会社を選ぶのがよいでしょう。

大型のキャリアカーに乗せて陸送する場合もある

車を運ぶ場合は、一台ずつ自走するよりも大型のキャリアカーに載せて陸送する場合が多い事をご存知でしょうか。キャリアカーに載せた方が安上がりにすむともいわれています。

 

大型のキャリアカーは一台で最大乗用車を8台積載することが可能です。そのため、一台ずつ自走して陸送する場合に比べて燃料費や通行料金、更にドライバーの確保の面からもメリットが多いのです。更に、車を運ぶ他の方法として船便を利用すれば、コスト面からは更に費用を押えられます。しかし船便の場合は、1週間に2便・3便しかなく、その間は港に駐車する必要性があり、その間車上荒らしなどの安全面のリスクがあります。毎日運航していない上に移動スピードももちろん船の方が遅いので、遠方であればあるほど時間は掛かります。その為費用、時間、安全等総合的に判断すると、大型キャリアカーを利用して陸送する場合が多くなっているのです。

車陸送の流れをおさらいしよう

車を引越し先に持っていきたいと願ったり、遠方から車を購入したりした場合は、車の陸送が必要です。車の陸送の手順をおさらいしておきましょう。

 

車の陸送をするなら、まずは業者を選びましょう。大手陸送業者だけでなく、中小の業者からも見積もりを取って見比べることで、費用を抑えることができるでしょう。

 

業者が決まったら、もらった見積もり分のお金を支払います。その後はいよいよ、実際に車を動かしてもらいます。数日以内に営業所またはご自宅などの指定場所まで、納車に来てもらえるでしょう。

 

なお、後々トラブルにならないためにも、車を預ける前と納車直後には、陸送業者のスタッフとあなたとふたりで、車に傷などがないことを確認することをおすすめします。

陸送の簡単お見積もりはこちらから
お客様について お車について
お名前必須 メーカー
電話番号必須 車種
メールアドレス 自走可否
引取先都道府県
納車先都道府県
廃車買取査定無料のハイシャル

車陸送.comなら、格安で手続きも簡単、追加料金がかかることもなく安心です。

車陸送.comはお車の陸送を全国で承っております。輸送費用、サポート体制なども業界随一、お電話の受付は年中無休で対応中!! 一般的な普通自動車、軽自動車からトラックなども承っております。お客様から車の状態をお聞きし、最適な輸送経路でお運びしております。 法人様や個人様にも多数ご利用いただいており、事務所移転・お引越し・オークション売買・車両納品の際にはぜひ車陸送.comを宜しくお願い致します。

このボタンを押してお電話ください