引越しや急な転勤などで「車を輸送したい!」という方、最近では、車の個人売買で「車の輸送が必要だ」という方が増えてきていると思います。

 

そんな中、この記事にたどり着いた方は、

 

 

といった疑問があるのではないでしょうか?

 

この記事では、このような輸送についての疑問にお答えします。この記事を読めば、車の輸送を格安にする方法を知ることができ、納得いく価格で車を輸送することができます。

 

ちなみに、車の輸送を依頼するなら「陸送専門業者」に依頼することをおすすめします。

 

これらの理由も含めて早速解説していきます。

 

目次

車の輸送費の相場は?【輸送方法は主に3つ】

車 輸送

 

エリア 陸送費用相場 所要日数
同一都道府県内or隣接県(2~3時間) 1~3万円 2~4日
遠方(5~10時間) 3~10万円 4~10日

 

輸送費の相場はこのような金額になります。

 

また、車の輸送を引き受けている業者は、以下の通りです。

 

 

それぞれの特徴を解説しつつ、「なぜ陸送業者がおすすめなのか」解説していきます。

 

引越し業者に車の輸送依頼をすると割高に!

遠方へ引越しをされる方の中には、引越しと同時に自動車を輸送する方も少なくありません。

 

こういった場合、引越し業者にオプションで輸送依頼をすることになりますが、料金が割高になってしまう可能性が非常に高いです。

 

引越し業者があなたの自動車を輸送する場合、積載車をチャーターして車両を運ぶことになります。混載便プランにするなどで費用を抑えることもできますが、仲介手数料がかかるため、基本的には個人で陸送業者に依頼するよりも割高な費用がかかってしまう可能性が高くなります。

 

補足

※混載便プラン:特定の同じ地域や、同じ方面へ複数の自動車をひとつの大型積載車に積み合わせて輸送するプラン。

 

さらに、引越しのピークは2月から4月です。その期間は引越し業者にとって繁忙期のため、この時期の引越しは料金が高く、シーズン加算があります。輸送も例外ではなく、余計に費用が掛かることになるので注意が必要です。

 

このような理由から、よっぽど面倒でないかぎり、引越し業者とは別で、陸送業者を探すと無駄な出費を減らすことができます。

 

車輸送のプロ、陸送業者に依頼するのがおすすめ

結論から先にいうと、車の輸送を検討しているのであれば、陸送業者に依頼することがおすすめです。

 

先ほど解説した通り、引越し業者に依頼すると、「仲介手数料がかかる」とお伝えしましたが、ディーラーや中古車販売店でも同様です。

 

memo

ディーラーや中古車販売店は、「車を販売する会社」であり、「車を輸送する会社」ではありません。そのため、車を輸送するための積載車を保有していないことが多いのです。引越し業者と同様に、提携している陸送業者に依頼することになります。

 

こういった理由から、車の輸送を依頼するのであれば、陸送業者に直接見積もりを取るようにしましょう。

 

車の輸送を格安にする3つの方法

車 輸送

 

さて、おおよその輸送費が分かったと思いますが、「なるべく安く依頼したい」というのが世の本音。

 

以下では陸送費を安くする3つのコツを紹介しています。

 

自動車を近くの陸送業者の営業所に持ち込む

実は、輸送依頼をする際に、業者の営業所に持ち込んで依頼するといった方法があり、陸送業者によって対応は異なりますが、5000円程安く済むことがあります。

 

さらに、時間にも融通が効き営業時間内ならいつでも依頼可!という陸送業者が多いです。

 

しかし、持ち込みだと帰りの交通手段がないと帰れないといった事態に・・・その場合は、誰かに協力してもらい1台ではなく2台で自動車を持ち込むようにしましょう。

 

memo

自宅から営業所までの距離が近ければ持ち込みでもいいかもしれないね!

 

時間の融通をもたせる

引越しと同様、車の輸送には繁忙期があり、どの陸送業者も2月〜4月が繁忙期となっています。

 

その理由は、引越しや、新生活を迎えると同時に、自動車を移動させたり、あるいは手放す方、購入する方が急増するためです。

 

そんな自動車の輸送担当である陸送業者は、この時期大変忙しくなるため、料金が割高(1.5~2倍)になってしまうのです。

 

また、繁忙期に依頼してしまうと、時間の融通が効きにくかったり、輸送自体を断られたりする可能性もあり、あまりオススメできません。

 

時期をずらしての予約をすることで、料金を抑えることができますよ。

 

memo

繁忙期に依頼するならなるべく早めに予約しよう!

 

自走輸送で自動車を輸送する

通常、陸送業者は、何台もの車を、1台の大きな積載車に載せて輸送する方法を採用しています。

 

一方で、「自走輸送」を採用している陸送業者もみられます。自走輸送とは、初めに解説した通り「業者の担当者が対象の車を運転して目的地まで運ぶ輸送方法」。

 

ダンプカーのような大きな車は、積載車に積むことができないため、基本的には自走輸送することになり陸送費は高くなる傾向があります。

 

しかし、乗用車などの一般車両を自走輸送すると、積載車を使った輸送方法よりも安く済むことがあります。その理由は船便を利用することができるためで、輸送の流れは以下の通り。

自走輸送 手順

 

memo

陸送業者は基本的に、お客様の負担費用が少ないような陸送方法を提案をすると思いますが、電話などで予め確認することでトラブル防止に繋がりますよ。

 

輸送費用が高くなる5つのケース

逆に以下のような車両は輸送費用が高くなってしまうケースがありますので、一緒に確認しておきましょう。

 

ローダウンしている車(改造車)

改造車

 

ローダウン車とは、「車高を低く改造された車」です。つまり、このような車は、地面と車体の距離(最低地上高)が狭くなっています。

 

補足

通常、輸送で運べる最低地上高の目安は15cm以上

 

最低地上高が15cm未満の車の場合、積載車に積む際に地面に擦れてしまう可能性があるので、通常の車とは輸送方法と輸送ルートが異なる為別途お見積りになります。

 

エンジンがかからなくなった不動車

エンジントラブルなどで動かなくなってしまった不動車は、積載車のウィンチを利用して車両を引っ張る必要があります。

 

memo

※ウィンチ・・・物体の上げ下ろし、引っ張り作業などに使用する巻き上げ機

 

このような場合、通常の料金の3倍ほどかかることも・・・。

 

不動車を数十万かけて移動させたい人は少なく、廃車という選択肢に至る方が多いです。もし不動車の場合は、費用面を考慮した上で考えましょう。

 

なお、廃車をご検討になる方は、廃車買取のハイシャルをご覧になってください。

 

オイル漏れなどをしている事故車

オイル漏れ、水漏れなどをしている事故車は、危険な状態の車両のため、一台積みの積載車で輸送するケースがほとんどです。

 

そのため、料金が通常より高くなる傾向があり、場合によっては輸送を断られることも・・・。

 

輸送を依頼する際は、車両状態を細かく説明しましょう!

 

高級車や昭和車(旧車)

2000万円を超える高級車、価値の高い旧車は、輸送料金が高く設定されています。

 

このようになる理由は、「車両保険」が大きく関わっています。車の価格が高ければ、同時に保険料も高くなるためです。

 

輸送業界では、高級車の基準は決まってはいるものの、業者の判断もあるので、一度見積もりの際に確認をしておきましょう。

 

大型車(車高2.0m以上の車)

ハイエースなどの車高が2.0m以上ある車は、ローダウン車と同様、陸送方法が通常とは異なるため、料金が割増されるケースが多いです。

 

memo

積載車にも高さがあり、車高が2.0m以上ある車は乗らないことがあるため、一台積みの積載車でのチャーター便になるため。

 

場合によっては、料金が2、3倍になることも・・・。ですので、このような車高が高い車も事前に料金を確認しておきましょう。

 

まとめ

今回は、「車の陸送を格安で行うコツ」をお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

色々な輸送業者がいる中で、「なるべく安く車を輸送したい!」「納得した料金で輸送したい!」これが世の本音だと思います。

 

上記の内容を踏まえて、一度業者に見積もりを出して見ましょう。もちろん車陸送.comでも陸送サービスをご提供しています。お客様がなるべく負担の無いよう務めてますので、一度ご相談下さいね。

陸送の簡単お見積もりはこちらから
お客様について お車について
お名前必須 メーカー
電話番号必須 車種
メールアドレス 自走可否
引取先都道府県
納車先都道府県
廃車買取査定無料のハイシャル 中古車フリマサイト「クリマ」

車陸送.comなら、格安で手続きも簡単、追加料金がかかることもなく安心です。

車陸送.comはお車の陸送を全国で承っております。輸送費用、サポート体制なども業界随一、お電話の受付は年中無休で対応中!! 一般的な普通自動車、軽自動車からトラックなども承っております。お客様から車の状態をお聞きし、最適な輸送経路でお運びしております。 法人様や個人様にも多数ご利用いただいており、事務所移転・お引越し・オークション売買・車両納品の際にはぜひ車陸送.comを宜しくお願い致します。

このボタンを押してお電話ください