北海道へ車を輸送したいけど、料金の目安を知りたい。
北海道から他府県へ車を輸送する場合の料金の目安が知りたい。
輸送時の注意点はありますか?

 

こういった要望、疑問にお答えしていきます。

 

北海道から他府県へ、またはこれから北海道へ引越しをする方の中には、上記のような疑問を抱いている方もいることでしょう。また、最近では車の個人売買の際に、輸送をしたいという方も増えてきています。

 

今回は、車の輸送方法や、北海道から(まで)の車の輸送料金の目安輸送時の注意点について解説していきます。

 

車を輸送する2つの方法について

車 輸送方法

 

まず、車を輸送する方法には2つの方法があります。

 

 

それぞれの特徴やメリット・デメリットに触れながら、実際弊社で請け負っている事例を取り上げていきます。

 

引越し業者に依頼するメリット・デメリット

引越し業者に依頼するメリット・デメリットは以下の通り。

 

 

引越し業者に車を運んでもらう場合、比較的手間をかけず済ませることができます。それは、引越しの手続きをする際に、同時に「車を運んでもらう」手続きすることができるからです。

 

ただ、この際に注意する点は、車の輸送料金です。引越し業者の専門領域は、「荷物を運ぶこと」でして、車の輸送は、提携業者に委託していることがほとんどなのです。

 

そのため、引越し業者に依頼すると、仲介手数料を取られ、料金が割高になってしまいます

 

特に、個人売買時の車の輸送は、陸送業者に依頼するのがおすすめ

 

料金が割高になっちゃうもんね!

 

引越しの時は、同時に依頼してもいいかもね!

 

陸送業者に依頼するメリット・デメリット

 

 

基本的には、引越し業者のメリット・デメリットと対になります。別で陸送業者に依頼するため、多少の手間はかかるものの、引越し業者に依頼するより安く済むことがほとんどです。

 

また、業者によりますが、追加料金を払うことで、住所変更などの必要手続きを行ってくれることも嬉しいポイント。用途に合わせて利用すれば、引越し業者よりも便利に利用することができます。

 

【車の輸送料金】北海道から(まで)の目安

 

引取場所/お届け場所 車種 料金(税別)
埼玉→北海道 マツダデミオ 57,000円
岩手→北海道 トヨタハイエース 55,000円
愛知→北海道 ホンダオデッセイ 62,000円
北海道→神奈川 マツダデミオ 55,000円
北海道→福岡県 BMW 435i 90,000円
北海道→山梨県 日産 セレナ 75,000円

 

※引越しシーズンによる繁忙期や積載車の予約状況によって料金は変わります。
※※市町村によっても料金変動があるので、見積もりを取りましょう

 

<車の輸送の流れ>

1.積載トラックまたは自走担当ドライバーによる車の引取り
2.引き取った車を最寄のヤードや港等の集荷場まで運搬
3.集荷場等から、大型のトラックまたは専用船に乗せ、到着地の最寄集荷場まで運搬
4.到着地の集荷場から、積載トラックまたは自走担当ドライバーが自動車をお届け先まで運搬

 

改造車や不動車は割高になるケースがある

【ローダウン車】

改造車 輸送

 

ローダウン車とは、「車高を低くするように改造された車」です。

 

通常の輸送で運べる車高の目安はフロントバンパー・サイドステップ・リアマフラーの下部と地面のと間が15cm以上必要になります。車高が15cm未満のお車の場合、通常のお車とは輸送方法と輸送ルートが異なる為別途お見積りになります。

 

一度、電話で問い合わせすることをおすすめします。

 

【車高2.0m以上の車】

ハイエース 輸送

 

ハイエースなどの車高が2.0m以上ある車は、ローダウン車と同様、陸送方法が通常とは異なるため、料金が割増されるケースが多いです。

 

場合によっては、料金が2、3倍になることも・・・。ですので、このような車高が高い車も事前に料金を確認しておきましょう。

 

【不動車】

不動車 輸送

 

故障や事故などで動かなくなってしまった自動車は、ウィンチを使用して積載車に積む作業が必要になるため、料金は3倍、4倍になることもしばしば

 

不動車を数十万かけて移動させたい人は少なく、この場合は、「廃車」という選択肢に至る方が多くなります。もし不動車の場合は、費用面をよく考えた上で選択しましょう。

 

なお、廃車をご検討になる方は、廃車買取のハイシャルをご覧になってください。

 

車の輸送時の注意点

車の輸送をしてもらう際には、注意しなければならないことがいくつかあります。これから挙げる注意点に目を通しておくだけで、業者とのトラブルを避けることができるので参考にしてください。

 

事前に傷などをチェックする

車の引き渡しの当日は、車両状態(傷の有無)を確認するようにしましょう。外装は輸送中に傷つく可能性もあるので引取に来たスタッフの方と一緒にチェックするようにします。

 

このとき、ほとんどの業者で、複写式のチェック表を貰えるので保管しておきましょう。

 

これらに注意しながら陸送業者に愛車を運んでもらえれば、トラブルに巻き込まれる確率もぐっと低くなりますよ。

 

車内に物を残さない

車内に積む荷物をご報告頂ければ、荷物を載せたまま輸送することが可能なケースがあります。

 

ただし、割れ物・危険物・貴重品等は載せることができないことがあり、載せるることができたとしても、紛失や破損などの責任は取ってもらえないこと多いのでご注意ください。

 

まとめ

今回は、車の輸送方法や、北海道から(まで)の車の輸送料金の目安、輸送時の注意点について解説しました。

 

輸送方法は様々ですが、なるべく安く、納得できる金額で輸送したい人がほとんどでしょう。弊社では、なるべくお客様へのご負担がないよう務めさせて頂いております。何か不明な点があればお気軽にご相談下さい。


陸送の簡単お見積もりはこちらから
お客様について お車について
お名前必須 メーカー
電話番号必須 車種
メールアドレス 自走可否
引取先都道府県
納車先都道府県
廃車買取査定無料のハイシャル 中古車フリマサイト「クリマ」

車陸送.comなら、格安で手続きも簡単、追加料金がかかることもなく安心です。

車陸送.comはお車の陸送を全国で承っております。輸送費用、サポート体制なども業界随一、お電話の受付は年中無休で対応中!! 一般的な普通自動車、軽自動車からトラックなども承っております。お客様から車の状態をお聞きし、最適な輸送経路でお運びしております。 法人様や個人様にも多数ご利用いただいており、事務所移転・お引越し・オークション売買・車両納品の際にはぜひ車陸送.comを宜しくお願い致します。

このボタンを押してお電話ください