インターネットで中古車を売買したり、遠方へ引っ越しをしたりする場合に便利なのが車の陸送です。

 

ここでは、陸送に関する方法に加え、日数、費用に焦点をあててご紹介します。それぞれの陸送方法のメリット・デメリットをしっかりと把握し、あなたの車を陸送する際の参考にしてください。

 

目次

輸送業者や陸送の方法、時期や陸送距離によって日数が変わってくる

車を輸送する方法は、陸送に限定しているわけではありません。輸送には「空送」、「船送」、「陸送」があります。

 

「空送」は、「飛行機で自動車を輸送すること」です。空送のメリットは、輸送日数を短縮でき費用は高額になります。

 

「船送」は、「船で自動車を輸送すること」です。船送のメリットは、離島にも輸送できること、陸送よりも費用が抑えられる場合があることです。デメリットは、港につけなければならないため、場所や時間が限定されることです。

 

さて、今回のテーマである「陸送」は、「自動車を輸送車で運ぶこと」です。陸送のメリットは、近場の場合は費用を抑えることができるということです。では、陸送の費用や日数について、もう少し踏み込んでみましょう。

 

陸送の方法は主に2種類あります。一つ目は、該当する車を業者、または自らが実際に運転して目的地まで運ぶ「自走」です。もう一つは、該当する車を運転せず、積載車と呼ばれる輸送車に積み込み、「輸送」するケースです。

陸送費用の目安は3万~9万程度、陸送にかかる日数は2~7日程度ですが、大きい車や車高のある車の場合は、別途追加料金が発生する場合もあります。

 

費用を抑えるためには、輸送方法を限定しないことが効果的です。また、輸送会社で価格にばらつきがあるため、何社か見積もりをとって検討するとよいでしょう。

引越業者に陸送を依頼する割高になる

引越しの際、長距離移動で車やバイクの陸送が必要な場合、引越し業者にオプションで陸送依頼する場合もあります。

 

引越業者があなたの車を陸送する場合、陸送車両をチャーターして車両を運ぶことになります。混載便プランにするなどで費用を抑えることもできますが、仲介手数料がかかるため、基本的には個人で陸送業者に依頼するよりも割高な費用がかかってしまう可能性が高くなります。

 

さらに、引越しのピークは3月下旬から4月上旬です。その期間は引越業者にとって繁忙期のため、この時期の引越は料金が高く、シーズン加算があります。陸送も例外ではなく、余計に費用が掛かることになります。そのため、引越しすることが既に決まっている方は、少しでも安く引っ越しができるように、事前にしっかり予定を立てた方がよいでしょう。

 

引っ越し繁忙期を避けたり、ご自身で陸送業者を探すことをおすすめします。

 

車の陸送にかかる日数や費用

インターネットで中古車売買をした場合や、マイカーを持って遠方に引っ越しをする場合、あるいは故障している車を動かしたい場合などに、車の陸送をする必要がでてきます。

 

車の陸送は、大きく分けて二つの方法があることをご紹介してきました。ひとつは、ドライバーが乗って運転してくれる「自走」、もうひとつは積載車に載せて運んでもらう「輸送」です。「自走」はなにかと融通が利きますが割高になりがちで、長距離であればあるほど、「輸送」の方が費用をおさえることができるといえるでしょう。

 

陸送費用は引っ越し業者などに頼むと割高になることが多いため、ご自身で陸送業者を探して依頼することをおすすめします。その際には、複数社から見積もりを取ることで、できるだけ安い値段で陸送をすることができるでしょう。当社でもサイトから見積もりの依頼をしていただけますのでお気軽にご連絡ください。

陸送の簡単お見積もりはこちらから
お客様について お車について
お名前必須 メーカー
電話番号必須 車種
メールアドレス 自走可否
引取先都道府県
納車先都道府県
廃車買取査定無料のハイシャル 中古車フリマサイト「クリマ」

車陸送.comなら、格安で手続きも簡単、追加料金がかかることもなく安心です。

車陸送.comはお車の陸送を全国で承っております。輸送費用、サポート体制なども業界随一、お電話の受付は年中無休で対応中!! 一般的な普通自動車、軽自動車からトラックなども承っております。お客様から車の状態をお聞きし、最適な輸送経路でお運びしております。 法人様や個人様にも多数ご利用いただいており、事務所移転・お引越し・オークション売買・車両納品の際にはぜひ車陸送.comを宜しくお願い致します。

このボタンを押してお電話ください